イシカワペイント

イシカワペイントイシカワペイント

現場ブログBLOG

  1. ホーム
  2. 現場ブログ

かっこいいツートン外壁の2色の組み合わせ方とは?おしゃれな配色のコツをご紹介!

2024/02/29

家の外観は、その家の個性を象徴するもの。
スタイリッシュで個性的な住宅を求める方にとって、外壁のデザインは特に重要です。
今回は、洗練された外壁デザインを実現するためのツートン外壁の2色の組み合わせ方と、その魅力を最大限に引き出すコツをご紹介します。

□ツートン外壁のかっこいい2色の組み合わせ方とは?

1:同系色の濃淡の組み合わせ

同系色を濃淡で組み合わせることで、洗練された印象を作り出します。
例えば、青ならネイビーとライトブルー、茶色ならダークブラウンとベージュといった組み合わせが理想的です。
淡色を1色取り入れることで、さらにおしゃれでかっこいい外観になります。

2:白との組み合わせ

白は万能色です。
どんな色とも相性が良く、組み合わせに困ったら白を選ぶのが無難です。
ピュアホワイト、アイボリーなど、白にもさまざまなバリエーションがありますので、相性の良い白を選びましょう。

3:おしゃれな柄との組み合わせ

レンガやタイルのような柄を取り入れることで、高級感あふれる外観を実現できます。
色だけでなく質感にも注目し、サンプルを取り寄せて最適な組み合わせを見つけましょう。

□ツートン外壁を美しく仕上げるためのコツをご紹介!

1:色のバランスの重要性

ツートン外壁では、ベースカラーとアソートカラーのバランスが鍵を握ります。
全体の印象を左右するベースカラーと、それを引き立てるアソートカラーの比率は、6:4または7:3が理想的です。

2:屋根や附帯物との調和

外壁だけでなく、屋根や雨どいなどの附帯物の色も考慮が必要です。
同系色でまとめるか、難しい場合はセパレーションカラーを利用して、全体の印象を統一しましょう。

3:周囲の景観とのバランス

外壁の色は、周囲の景観や街並みとの調和も考慮する必要があります。
あまりにも奇抜な色は周囲から浮いてしまう恐れがあるため、周囲の景観をよく観察してから色を決定しましょう。

4:色見本の選び方

色見本は、A4サイズ以上の塗り板で確認するのがベストです。
小さいサイズでは実際の印象と異なる場合がありますので、自然光の下で色を確認しましょう。

□まとめ

ツートン外壁を取り入れることで、家は一段と洗練された印象を持つことでしょう。
濃淡の異なる同系色、白との組み合わせ、おしゃれな柄との組み合わせは、スタイリッシュな外観を作り出す鍵です。
また、色のバランスや周囲の景観との調和も大切なポイント。
これらのコツを生かして、家をより美しく、個性的に仕上げてください。

当社は地域密着型での電話、メール対応、相談、現地調査、見積り、打合せ、施工まですべて自社の職人で行っています。
碧南市・西尾市・高浜市周辺で塗装工事を検討されている方はぜひ当社までお問い合わせください。

CONTACTお問い合わせ

© イシカワペイント