イシカワペイント

イシカワペイントイシカワペイント

現場ブログBLOG

  1. ホーム
  2. 現場ブログ

外壁塗料のつやありとつや消しの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説!

2023/11/22

外壁塗装は家の顔とも言える重要な要素です。
特に、つやありとつや消しの選択は、家の印象を大きく左右します。
そこで今回は、デザインや耐久性にこだわりを持ち、最適な選択をしたいと考えている方に向けて、それぞれの特性、メリット・デメリットについて解説します。

□外壁塗料のつやあり・つや消しの見た目の違い

*光の反射が生む印象

つやありの外壁塗装は、物の滑らかな面に反射する光が特徴です。
この光の反射によって、新築のような明るく清潔な印象を与えます。

一方で、つや消しの外壁塗装は光をほとんど反射しません。
その結果、落ち着いた、重厚な雰囲気が生まれます。

*選択のポイント

つやありとつや消しの選択は、光の反射による印象の違いが大きなポイントです。
新築のような明るさを求めるならばつやあり、和風の家や落ち着いた雰囲気を求めるならばつや消しといった具体的な選択基準があります。

*どちらが人気なのか

近年はつや消しを選ぶ人が増えています。
つや消しの外壁塗装は、特に和風の建築やアンティークなデザインに合います。

一方で、つやありは、モダンなデザインや明るい印象を求める場合によく選ばれます。
自分の目指すスタイルや重視したい点に合った方を選びましょう。

□外壁塗料のつやあり・つや消しのメリット・デメリット

1.つやありの特性

つやありの外壁塗装は、目立つこと、耐久性が高いこと、汚れにくいことがメリットです。

しかし、経年劣化でつやが失われたり、印象が悪くなる可能性もあります。
つまり、つやありは耐久性と目立ち具合で選ばれることが多いのです。

2.つや消しの特性

つや消しの外壁塗装は、経年劣化が少なく、上品で落ち着いた仕上がりが特徴です。

しかし、耐候性が弱く、汚れがつきやすいというデメリットもあります。
また、つや消しは、和風の家や落ち着いた雰囲気を求める場合に選ばれます。

ここまで解説してきたように、つやありとつや消し、それぞれには明確なメリット・デメリットがあります。
これらを理解し、自分の家に最適な選択をすることが重要です。

□まとめ

この記事では、外壁塗装のつやありとつや消しの違いについて解説しました。
つやありは新築のような明るい印象を、つや消しは落ち着いた重厚な印象を与えます。
それぞれの特性とメリット・デメリットを理解し、自分の家に最適な選択をしましょう。

当社は高い技術と品質でお客様の家の外壁塗装を行っており、これまでの実績件数も300件以上です。
碧南市・西尾市・高浜市周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ当社までご相談ください。

CONTACTお問い合わせ

© イシカワペイント